静岡大学名誉教授 文学博士 小和田哲男 氏

【プロフィール】

1944年 静岡市に生まれる

1972年 早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了

現在 静岡大学名誉教授、文学博士

 

専門は日本中世史、特に戦国時代史で、主著『後北条氏研究』

『近江浅井氏の研究』のほか、『小和田哲男著作集』などの研究書の刊行で、戦国時代史研究の第一人者として知られている。

また、NHK総合テレビおよびNHK Eテレの番組などにも出演し、わかりやすい解説には定評がある。

1996年NHK大河ドラマ「秀吉」、2006年の「功名が辻」、2009年の「天地人」、2011年の「江~姫たちの戦国~」で時代考証をつとめた。

 

<最近の主な著書>

『黒田如水』(ミネルヴァ日本評伝選) (ミネルヴァ書房 2012年)

『さかのぼり日本史⑦戦国―富を制する者が天下を制す―』 (NHK出版 2012年)

 

演題 「徳川家康の生き方から何を学ぶべきか」

[講演日:平成25年1月15日]