大木トオル 氏

【プロフィール】
東京日本橋生まれ。米国在住。
動物愛護家として日米の友好・親善に貢献し、捨て犬の保護とセラピードッグの育成のパイオニアとして世界へセラピードッグ(動物介在療法)の普及を30年にわたり行い、障害者施設及び老人施設等にて活動を続ける。
ニューヨーク州老人ホームの活動を始め、日本に於いても各施設で多くの成果を出している。
また、全米音楽界に唯一東洋人ブルースシンガーとして、多大な功績を残し、世界的に活躍する。
ゼネラルプロデューサーとしても多くのビッグアーティストを育てると共に国際特別講師としても活動。また、日米のブラックミュージックの架け橋として長く貢献する。名誉社会福祉学博士。米国イオンド大学名誉教授。

演題:「セラピードッグ〜人と犬との命の共存」

[講演日:平成20年1月10日]