東京新聞・中日新聞論説副主幹 ジャーナリスト・作家 長谷川幸洋 氏

【プロフィール】

1953年千葉県生まれ。

慶応義塾大学経済学部卒業。

1977年に中日新聞社入社。東京本社(東京新聞)経済部勤務、ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)、ブリュッセル支局長などを経て論説委員、2010年から現職。

2006~2009年に政府税制調査会委員、2005~2008年に財政制度等審議会臨時委員など。

2007年から日本記者クラブ企画委員、2012年から大阪市人事監察委員会委員長、2013年から政府の規制改革会議委員など多数の公職を務める。

著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で2009年の山本七平賞受賞。最新刊は『政府はこうして国民を騙す』(講談社)。

趣味はスキーで、SAJスキー準指導員の資格を持つ。その他テレビ・ラジオなどで活躍中。

 

演題 「安倍政権とこれからの日本」

[講演日:平成25年11月6日]