評論家 石 平 氏

【プロフィール】

1962年    中国四川省成都市に生まれる。

1966年    教師だった両親が大学から追放されて、農場へ「下放」されたため、四川省の農村部で漢方医の祖父によって扶養、祖父から「論語」を教わる。

1980年    北京大学哲学部入学。

1983年頃  毛沢東暴政の再来を防ぐためと、中国民主化運動に情熱を傾け始める。

1984年    北京大学哲学部を卒業。四川大学哲学部講師を経て、

1988年    留学のために来日、日本語の勉強を開始。

1989年    天安門事件をきっかけに、中華人民共和国と「精神的決別」。

1995年    神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関に勤務。

2002年   『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を刊行して中国における反日感情の高まりについて先見的な警告を発して以来、在日中国人として日中問題・中国問題中心に評論活動に入り、講演・テレビ出演などの言論活動を展開している。

2007年末  日本国籍に帰化。

 

<主な著書>

『中国の経済専門家たちが語る  ほんとうに危ない!中国経済』(海竜社 2010年)

『徹底解明!ここまで違う日本と中国』加瀬英明氏との共著   (自由社 2010年)

『日本よ!米中を捨てる覚悟はあるか』西村幸祐氏との共著 (徳間書店 2010年)

 

演題 「中国の経済・政治情勢と日中関係の行方」

[講演日:平成25年5月28日]