安全保障・危機管理アナリスト 志方俊之 氏

【プロフィール】

昭和11年(1936)3月30日 石川県金沢市生まれ。

昭和33年(1958) 防衛大学校卒(第二期生)・陸上自衛隊入隊。

昭和41年(1966) 京都大学大学院 工学研究科博士課程修了。京都大学工学博士(土木工学)。

昭和47年(1972) 米国陸軍工兵学校・幹部上級課程留学(バージニア州)。

昭和53年(1978) 米陸軍戦略大学卒業(ペンシルバニヤ州)。

昭和54年(1979) 統合幕僚会議事務局 第5室(戦略計画担当)。

昭和56~59年(1981~84) 在米日本大使館 防衛駐在官(ワシントンD.C)。

昭和60年(1985) 陸上幕僚監部 人事部長。

昭和62年(1987) 第二師団長(旭川)。

平成元年(1989) 防衛大学校 幹事(副校長)。

平成2年(1990)北部方面総監(札幌)。

平成4年(1992)3月退官、世界平和研究所 研究顧問・軍事アナリスト。

平成6年(1994)4月~現在 帝京大学名誉教授。

 

<著書>

『危機』(海竜社・2012/02)

『日本はこのままでは生き残れない』(PHP研究所・2007/07)

『無防備列島』(海竜社・2006/06)など多数

 

演題「激動する国際情勢とわが国の安全保障」

[講演日:平成27年11月4日]